HOME>アーカイブ>課題はレポート提出がほとんどで年に数回投稿します

安心して学べる環境が整っている

女子

東京の通信制高校は全日制高校と比べて自分の時間を確保しやすい特徴があります。毎回レポートを提出し、月に数回のスクーリングと試験以外は自由です。アルバイトをしてもいいですし、好きな趣味をしても良いのです。学校に通うのが難しいスポーツ選手や芸能人なども高校を卒業を取得できます。また、理由があって高校を卒業できなかった人や病気や不登校などで登校することが難しい人も通っています。多様な人が通える環境が整っているのです。学校によっては生徒や親が相談を受けられるカウンセラーが在籍しています。人間関係などが不安な人も安心して学校に通えます。費用が比較的安いのも特徴です。公立の通信制高校では3年間通って10万円程度となります。私立の通信制高校は学べる内容などにより、年間30~90万円ほどの費用となります。金銭的な問題で全日制の高校が難しい人でも働きながら高校を卒業することが可能です。

毎日継続的に学習していく

本

通信制高校は全日制高校と授業の形態が異なります。全日制高校は毎日登校して5~6時間授業を受けますが、通信制高校は登校をせず自宅学習を行います。スクーリングと呼ばれる投稿は年間に数日だけです。同級生が同じ教室事業を受けるわけではなく、毎日の宿題もありません。時間割もないので自分でやりくりして学習します。東京では通学もできる通信制高校も存在します。通信制高校は働いている人や主婦も通えます。自分で時間配分を決められるのがメリットですが、課題のレポート提出は必須です。先延ばしせずにきちんと学習しましょう。最近ではテキストだけでなく、パソコン・タブレットを使った学習も実施されています。学校が支給するので自分で準備しなくてもいい場合もあります。